来年の茨城県立高校入試の展望①

エムスタつくばのWebサイトにアクセスして頂き、ありがとうございます。
また、ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

茨城県立高校入試について、記述していきたいと思います。
2~3回に分けて記述する予定ですが、今回は1回目として、今年の入試の振り返りをしていきたいと思います。

2022年3月に実施された茨城県立高校入試では、出題傾向に非常に大きな変化がありました。それは、全教科において記述問題がほとんどなくなり、多肢選択の問題になったことです。

まずは、以下のリンク(標準解答)から、その変化を確認して頂きたいと思います。解答だけご覧頂ければ、その変化がお分かり頂けると思います。


令和3年度(2021年3月実施)茨城県立高校入試の標準解答
 ・R3国語  R3社会  R3数学  R3理科  R3英語

令和4年度(2022年3月実施)茨城県立高校入試の標準解答
 R4国語  R4社会  R4数学  R4理科  R4英語


いかがでしょうか。見比べれば、違いが一目瞭然だと思います。国語と数学を例にとっていくつか申し上げると、

国語:
・記述問題は「漢字の読み(ひらがな)」のみ。漢字の書き問題すらなし。
・語句、文章などの記述問題がゼロに。

県立高校の入試で、漢字・語句・文章を記述する問題が突然ゼロになるという、考えられない変化が起こりました。

数学:
・数十年間続いてきた記述式の証明問題がなくなり、選択式に変更
・考えさせる問題が減り、オーソドックスな問題に


なぜ、これらの変更がなされたかといえば、既に報道等(※)にも出ている通り、採点ミスを防ぐためというのが理由です。
 (リンク切れの場合はご容赦ください。)
 ※NHK水戸放送局
  激変!茨城県の高校入試 なぜここまで変わったのか
 ※朝日新聞デジタル
  「ここまでとは」塾も驚いた茨城の高校入試激変 ミスは減りそうだが

個人的な感想を申し上げれば、これほどまでに記述問題を減らしてしまうのはやり過ぎです。
「採点ミスの防止」という、生徒側には関係ない理由で出題を大幅に変更することは、実施すべきではありません。
(「思考力を見るため」「書く力を問うため」「資料を読み取る力を試すため」といった、正当な理由で変更するのは良い事だと思います。)


さて、入試問題がここまで変更されてしまうと、
「来年は一体どうなるのだろうか?」
という疑問が湧くのは当然です。

次回はこの点について、私の考えを述べたいと思います。

ー--------------------------
【お問い合わせ等はこちらへ】
 プロ家庭教師のエムスタつくば
 メールアドレス:contactアットmstudy-tsukuba.com
        (アットは@に置き換えてください。)
 TEL:0297-21-3775 または 050-3701-6276
ー--------------------------

2022年06月19日